山口徳地自然の家周辺で特に注意を要する動植物

自然の中で活動することの楽しみの一つに,動植物との出会いがあります。しかし,間違った行動をとると危険なことになる場合があります。

スズメバチ

【特徴】

  • 野外炊飯場や活動広場など,自然の家の敷地内に広く飛ぶ時期があります。
  • 人間に対して攻撃してくるハタラキバチの体調は3~4cmと大型です。
  • 腹部は黒と黄の縞模様をしています。
  • 昼間は,クヌギなどの樹液を吸いに幹に集まります。
  • 木だけでなく,岩影や倒木等の低い場所にも巣を作ります。
  • 夏から秋にかけて活動が活発になり危険な時期です。
  • 巣の近くで動くものに対して攻撃します。

【症状】

  • 刺されると激痛があり,大きく赤く腫れます。
  • 重症の場合は,呼吸困難や頭痛,吐き気,発熱,下痢,腎臓障害などが起こる可能性があります。
  • アナフィラキシー・ショックで死亡する場合もあります

【刺されないためにどうすればよいか】

  • 見つけたら前に進まないで,ゆっくりと姿勢を低くして後ろに逃げます。
  • ハチを刺激してはいけません-石を投げない,棒でつつかない,大声で騒がない-。
  • 衣服は長袖・長ズボンが適しています。
  • 頭や目の玉の黒色を狙う習性がありますので,衣服は白っぽいものを身につけ,帽子をかぶるのが適しています。

【もし刺されたらどうすればよいか】

  • すぐに水で刺された部分を洗いながら,何度も指で毒を押し出します。
  • リムーバーがあれば,リムーバーで毒を吸い出します。
  • ハリが残っているときは,毒が体内に入らないように,リムーバー(事務室にあります)で抜き取ります。
  • タンニン酸アルコール(事務室にあります)をすりこみ,刺された部分を冷やします。
  • 痛みと腫れがひかない場合は,医療機関で治療を受けます。

ツタウルシ

【特徴】

  • 宿泊棟周辺や野外炊飯場,活動広場など,自然の家の敷地内に広く生えているツル植物です。
  • 木に巻きついたり,地上をはったりしています。
  • ツルは細くて赤っぽく,3枚の葉からなり中央の葉がやや大きくなっています。

【症状】

  • かぶれ(かゆみをともなう炎症や水ぶくれになります)。

【植物かぶれを防ぐためにはどうすればよいか】

  • 衣服は長袖,長ズボンが適し,植物に触れる時には軍手をつけます。
  • 地面をはっていることもあるので,座る時にも気をつけます。
  • 下見の際に場所を確認しておき,移動中には絶対に触らないようにします。

【もしかぶれたらどうすればよいか】

  • かぶれた部分を水で洗い流し,冷やします。
  • 抗ヒスタミン剤入りの軟膏を塗ります(保健室にあります)。
  • 腫れがひかない場合は,医療機関で治療を受けます。

マダニ

【特徴】

  • 森林や草地に生息しています。
  • 4月中旬から11月下旬が活動期です。
  • 体にとりついてもすぐには刺さず,体のやわらかい部位を探して刺す習性があります。
  • 刺されても痛くもかゆくもないので,なかなか気がつきません。

【症状】

  • 感染症である「重症熱性血小板症候群(SFTS)」ウィルスを保有しているマダニに刺されると感染します。しかし,感染した人から,他の人に感染することはありません。
  • 感染すると6~14日の潜伏期間後に発症します。主な症状は,発熱や食欲がなくなります。重症の場合は死亡した例もあります。

【防ぐポイント】

  • マダニの侵入を防ぐために,長袖・長ズボン・帽子を着用します。
  • 屋外での活動が終わり屋内に入る前に,衣類の上を手で払ったり,上着を脱いで叩いたりします。
  • 入浴する際に,首から背中,お腹など,柔らかい部位を中心に刺されていないか確認します。

【もし刺されたら】

  • マダニを無理にとろうとすると,マダニの体の一部が皮膚の中に残ってしまい,感染する危険があります。
  • 自分で取り除かずに事務室にお出でください。最寄りの医療機関に行って処置をします。
  • 帰宅してから見つかった場合は,速やかに医療機関を受診してください。

□その他にも,「ムカデ」「マムシ」がいます。
□見つけても触ったりしないで,その場を離れてください。そして,事務室にご連絡ください。
☆周辺道路で「サル」や,夜間に「イノシシ」を見たという情報があります。
☆見つけても威嚇したり,目を合わせたりしないで,静かに,その場を離れてください。そして,事務室にご連絡ください。
☆周辺で「クマ」の目撃情報はありません。見つけても威嚇したり,目を合わせたりしないで,静かに,その場を離れてください。また,気付かれたときは,目をにらみながら,その場を離れます。そして,事務室にご連絡ください。
☆また,登山やハイキングの際は,鈴を携行するようにしてください。

<その他注意すること>

◇山の気温 ・標高が100m高くなると気温は0.6℃低くなります。山口徳地自然の家は標高約400mなので,平地と比べると2℃ほど低くなります。
・風速1m/秒で,体感温度が1℃低くなります。
◇雨天後の落石 ・雨天後,落石が見られることがあります。崖や急な斜面には近づかないようにしてください。
・林道を歩く際は,谷に近い側を歩くようにしてください。
◇落雷 ・雷鳴が遠く聞こえる場合でも,落雷することがあります。
・落雷を避けるためには,屋内に入るか,屋外では姿勢を低くします。
・5m~30mの高い木や鉄塔の底部から4m以上,離れた平地に避難してください。